痛風のイラスト

毎日口にするものだから

痛風はこれまでの食生活が原因で、痛風になるほとんどの人は同時に肥満でもあります。痛風は制限されてしまう食べ物が多いので、妻のサポートは必須ですよ。食べ物だけでなくアルコールにも注意して下さいね。

尿酸管理が重要

痛風患者のほぼ100パーセントが男性で、その中でも30代~50代の男性が発症する確率が高いと言われています。
自分の夫が痛風になった場合、もしくはなりそうな場合、食事などで尿酸管理をするのは妻の役目です。
本来、尿酸は体内に留まることなく、尿などと一緒に排泄されます。
ですが日々の暴飲暴食、食生活の乱れで尿酸が体内に溜まってしまうと溜まった尿酸が結晶になり、
関節炎を引き起こす場合があります。これが所謂「痛風」ですね。
痛風を発症する前には暫く血液の尿酸値が高い状態が続きます。
この「高尿酸血症」の状態を放置すると、突然足の指の付け根が腫れあがり、その名の通り「風が吹いても痛む」ような激痛に襲われることになるんです。
つまり、この尿酸値が高い間になんとか尿酸値を下げることができれば、痛風にならずに済むというわけです。
(もちろん本来ならば尿酸値がここまで上がる前に日頃から気をつけたいものですが…)
痛風を発症する前でも、発症した後でも、一度痛風の名前が挙がるほど尿酸が上がった場合、
今後長い時間をかけて尿酸値管理をしていく必要があります。
痛風を発症した場合も、最大10日ほどで炎症や痛みは治まると言われています。
しかし、放置することによって症状はどんどん進み、忘れた頃に再び激痛、その頃には痛風だけでなく腎障害を起こしている場合も…。
こんな重病になる前に、食生活を改善して痛風を治しましょう。
30代~50代の男性は大抵結婚していて、自分では料理をしない人が多いですから大切な夫を守るのは妻しかいないんです。
食生活の改善だけなく治療薬を使って痛風を治すことも出来ます。有名なのがザイロリックと言う治療薬です。
服用することで尿酸値を下げる効果があります。また痛風ではない場合でもザイロリックを服用することで予防することが出来ます。

痛風の改善の詳細はこちら
海外医薬品の通販サイト:痛風の治療薬


痛風発作の時は服用しない

ザイロリックは尿酸の生成を抑えることで体内の尿酸値を下げてくれる痛風治療薬です。ザイロリックはあくまで尿酸をコントロールする薬なので痛風発作そのものに効果はありません。それどころか悪化させる可能性があるので服用するタイミングには注意して下さいね。

買い置きしておくと安心

ザイロリックはあくまで尿酸をコントロールする薬なので、服用をやめてしまうと尿酸値が上がります。一度飲み忘れたからといって急激に症状が悪化するわけではありませんが、買い忘れなどが不安な場合は通販で買い置きしておくと安心ですよ。